自分で買ったネックレスと、大事な人にプレゼントされたネックレスとでは、アクセサリーに込められた思いが天と地ほど違うのです。
あなたが買ってあげたアクセサリーには、不思議な力が宿り、彼女を守ってくれるのですから。

そういえば、何かの映画のシーンで、ネックレスをプレゼントする際に男性が女性につけてあげるということがありましたが、ああいう設定も素敵です。
クリスマスプレゼントとして贈る際、レストランでディナーでもしながら、さりげなく彼女の後ろに回り、ネックレスをつけてあげられたら、よりスマートですね。
彼女も映画の主人公になったような気分で、とても盛り上がると思います。
だだし、恥ずかしがりやさんの彼女の場合は、ひいてしまうかもしれませんので要注意ですが。
そして、誰にでも喜ばれるはずのアクセですが、女性のなかには金属アレルギーやアトピーなどの事情で、アクセがつけられない人もまれにいらっしゃいますので、そんな方にはアクセサリーを贈ることはかわいそうです。
彼女が、普段から、ネックレスをつけているか、指輪をしているか、チェックしておくと良いでしょう。

私の友人にも金属アレルギーの女性がいます。
アレルギーやアトピーの人は、本人がアクセサリー嫌いで、何もつけていないわけではありません。
ですから、アクセサリー類をクリスマスプレゼントなどに贈るととても気の毒です。
それに、せっかく贈ってくれた彼への申し訳ない気持ちも感じてしまって、二重に可愛そうですから、彼はその辺の下調べくらいは最低限、行なっておきましょうね。