婚約指輪は、一生に1回もらえるか、もらえないかの、とても「ロマンティックな指輪」ですから、好きな男性からプレゼントされたら嬉しいに決まっています。
万が一、クリスマスのプロポーズに、婚約指輪を買えなかった場合でも、「今度、婚約指輪を一緒に選びに行こう」と約束してあげてください。
これでも女性は十分、喜んでくれるでしょう。
再婚であれ、初婚であれ、2人にとって結婚はとても大切なことです。
それを決定付けるプロポーズは、女性にとって、一生の思い出に残る素晴らしいものであってほしいですよね。
ですから、女性が「婚約指輪なんて、もったいない、いらない」と普段から言っても、男性はやはり買ってあげるべきでしょう。
女性の気持ちは複雑で、なかなか本当のことを言わないものですが、本音はプロポーズのときにプレゼントされたいものなのです。

クリスマスは、普段と違ってスーツを着たり、格好をつけたりしても、おかしくない特別な日ですよね。
そして、何もない日にレストランやホテルを予約すると、女性から驚かれて「どうしたの?」ってことになりますが、クリスマスでしたら問題ありません。
特別なクリスマスの夜に、ホテルの一室など、特別なシチュエーションで、プロポーズをされることで、女性はとても幸福を感じるでしょう。
プロポーズの演出にはいろいろあると思いますが、場所、時間、タイミングなど、シチュエーションにも気を使って、最高のプロポーズをしてほしいと思います。
大事な小道具になる、婚約指輪を忘れないように用意しましょう。
指輪が間に合わなかったら、ロマンティックに大きな花束もよいでしょうね。